本の価格設定と印税

ご自身の本を作成しアマゾンや楽天に登録するとなると、価格設定は非常に大事な要素です。
価格が安すぎるとロイヤリティ(印税)が少なくなりますし、価格が高すぎるとお客様から悪評がつき本が売れなくなります。
果たしてご自身の書籍をいくらに設定すべきでしょうか。

一般的な価格設定

電子書籍の価格設定は、一般的なイメージでは「紙の本の1/2~1/3」程度と考えるのが妥当です。紙の本なら600円ぐらいかなと思ったら、200円~300円程度に設定することが多いです。
著名人であればもっと高く価格設定できますが、知名度の無い一般人の電子書籍では強気の価格設定はなるべく避けたほうが無難です。
しかしその一方、安くしたところで多く売れるわけでもありません。価格設定は非常に微妙な駆け引きなのです。

また、電子書籍では価格によって印税の率が異なる場合がありますので、アマゾンや楽天での条件について理解が必要です。
 

アマゾンの価格設定とロイヤリティ

まず、アマゾンでは「KDPセレクト」の存在が重要です。
KDPセレクトとは、アマゾンのみで独占的に販売する電子書籍であり、且つ、本の価格が250円~1250円のものに限って、70%のロイヤリティが得られるというものです。
独占販売ですから、楽天などで同じ書籍を売ってはいけません。紙の本も同様です。また、ネット上のブログなどをまとめたものも不可です。

KDPセレクトの条件を満たさないものは、35%のロイヤリティとなります。
この場合の価格は99円~20,000円となります。
 

楽天Koboの価格設定とロイヤリティ

楽天Koboの場合、販売ロイヤリティは下記の2パターンがあります。

45%(80円~298円まで)
70%(299円~100,000円)

ロイヤリティを比べると、基本的に楽天Koboの方がお得感が強いです。
アマゾンと楽天では、アマゾンのほうが売れ行きが良い印象がありますが、ロイヤリティを考慮すると楽天での出品は魅力的です。
 

ロイヤリティの支払い条件

書籍の価格設定とはあまり関係ありませんが、ロイヤリティの支払いに関する情報も記載しておきましょう。
ロイヤリティを計算する際、まずは本の価格から消費税分が差し引かれます。そこからロイヤリティを計算しますので、単純に販売価格の35%や70%の印税が得られるわけではありません。

ちなみにロイヤリティの支払い(振込)条件は次の通りです。

■アマゾンKindleの支払条件

 売上月の翌々月末日までに支払い
 収益額:0円以上

■ 楽天Koboの支払条件

 売上月の翌々月25日までに支払い
 収益額:10,000円以上
 (10,000円に満たない場合は年1回振込み)

 

  

お申込はこちらから

専用ページからの申込は24時間受付可能です。
電話やFAXでもお申込頂けます。