事業所の特徴:「無料で出版できる」他社さんより安い!?

経営理念

ロングテール出版は、お客様のニーズを的確に捉え、「お客様の手の届く価格」で「納得いただける品質」を提供するよう努めています。
 

最安値かも? 電子書籍発行&製本20冊で4万円

当事業所の出版コストは、基本パッケージが2万円で、製本代が1冊1000円です。

最近は、「紙の本を初期費用無料で出版できる」とPRする業者も多く現れましたので、他社さんのほうが安く感じる方も多いでしょう。
しかし、トータルで考えると当事業所のほうがお安くなる場合が多いです。

なぜならば、初期費用の安いところは、その他の隠れた費用が存在するからです。
例えば、初期費用が無料であったとしても、多くの場合、表紙作成料金が含まれていません。一般的には2万円程度です。
そしてまた、無料で紙の本が出せると書いてあっても、「本の価格が高くなる」ことはあまり明言しません。多くの場合、1冊2000円近い価格設定が必要ですが、今時ご自身の本を2000円で売れる人が何人いるでしょうか。

このように細かく見ていくと、初期費用が安い業者であっても、トータルの金額ではそうでもないことがよく分かります。
もし、表紙作成料金が2万円で、1冊の販売価格が2000円であれば、配布用に20冊購入したら6万円必要なのです。

それに比べて当事業所は20冊なら合計4万円、オリジナル表紙を付けても5万円です。サービス内容がピッタリ合致するお客様にとっては、当事業所のほうが実はお得なのです。
 

当事業所の電子書籍発行実績

当事業所は既に何冊もの電子書籍を発行し、アマゾンや楽天に商品として並んでいます。
以下は自叙伝以外の作品の一例です。全て、2万円丸ごとパック+オリジナル表紙作成オプション(1万円)だけで作成されています。

         

当事業所の丸ごとパックご利用の上、表紙画像のみ著者様ご自身で作成された例もあります。


  

どうして安いの? ~最安値クラスの理由~

同業他社と比べて当事業所は価格が安いのが特徴の一つです。
サービス内容で見ると最安値クラスと言えるでしょう。
もちろんこれには理由があります。
 

1 ニーズから逆算しています
  

他社の場合、会社を運営していくために必要な費用や利益を考慮し、事業が黒字になるような価格設定を行います。
特に自費出版では商業的にヒットする確率が非常に低いので、多くの企業は著者様の自己負担金で社員の給料を賄おうとします。
自費出版が一般的に非常に高額になるのはこれが原因です。

それに比べ当事業所の場合、お客様のニーズから逆算します。
例えば自叙伝を出す方の目的は、本を売ることではなく「記憶に残すこと」です。
果たしてその目的のために、紙の本を何百冊も作る必要があるでしょうか。誰にも気づかれない書店流通を行うべきでしょうか?
当事業所ではそのようなアンマッチを解消するための企画力で差別化しているのです。

   
2 ネット専業 & 電子書籍専業です
  

当事業所は「ネット専業」です。
お近くにお住まいの方であれば、事業所を訪問して直接相談したい方もいらっしゃるでしょうが、訪問頂いても対応ができません。電話対応も基本的には行っていません。
しかしそうすることで、お客様に提示する価格を最低レベルに引下げることができるのです。お客様のニーズに応えるには、対面でのサービスにコストをかける代わりに、価格を引き下げるほうが良いと判断してのことです。

そしてまた、当事業所は「電子書籍専業」です。
他社の場合、電子書籍の発行は紙書籍と平行して制作されることが多いですが、当事業所は電子書籍専業です。紙の本の流通は行っておりません。
つまり、当事業所に「書店に並べる本を作ってほしい」と頼まれてもお受けできません。
しかし、だからこそ当事業所は安いのです。書店流通本を出すには、大掛かりなヒットを狙える体制が必須ですが、当事業所ではそのようなビジネスを行いません。

   
3 サービス内容を制限しています
  

全く同じサービスでありながら料金が極端に安いということは基本的に有り得ません。それは当事業所も同じです。

例えば製本支援サービスが無料で付けられるのは、製本の種類を限定しているからです。
現時点で、製本はB6サイズのペーパーバックと決まっていますし、紙の種類も選べません。帯を付けたい方やハードカバーご希望の方もいらっしゃるでしょうが、それらのご要望はお受けできません。

また、原稿のチェックに関しても、基本的に全文確認しますが、あくまで本としての体裁を整えるための作業であり、文章の推敲などは行いません。
誤字脱字を発見した場合や、文章として意味の通じない部分に気付けば修正しますが、基本的にお客様の原稿には手を入れません。文章の書き方自体も著者様の「味」ですので、当事業所で手を加えることは不要なサービスと考えています。

このように、必要最小限のところでサービスを制限しているからこそ、当事業所は他社さんよりお安いのです。


オリジナル作品や自叙伝の自費出版を検討されている方は、
ぜひ「電子書籍発行丸ごとパック」のサービス内容をご確認下さい。

 

  

お申込はこちらから

専用ページからの申込は24時間受付可能です。
電話やFAXでもお申込頂けます。